2018年最初の最高裁要請行動

熱く訴える救援会岡山県本部事務局次長の山崎さん

1月25日、今年最初の最高裁要請行動は、倉敷民商弾圧事件のほか湖東記念病院事件、松橋事件の支援者が集まって、31人の参加で行われました。
倉敷民商からは事務局長の小原淳さんが参加し、口頭弁論を開けと訴え、禰屋さんの裁判では検察が上告した場合、ただちに棄却することも訴えました。
国民救援会岡山県本部の山崎正士さんは、この事件は事件ではない、直ちに口頭弁論を開いて無罪にと熱弁しました。
宣伝行動の後、要請を行いました。参加人数は17人と制限があり、倉敷民商弾圧事件は11人、湖東記念病院は6人の出席でした。署名は累計で113,000筆になりました。
税理士の湖東京至さんは、税理士法が取締っているのは偽税理士行為で、税理士とって利益を得ることで、倉敷民商事務局員の行為はそれにはあたらないと指摘しました。
また湖東記念病院事件では当事者の西山美香さんが、無罪判決をお願いしますと懸命に訴えていました。
最高裁要請の後、最高検察庁に要請へ。禰屋事件の控訴審判決を受けて上告を断念し公訴を取り下げるよう
要請し、要請書1,207通を手渡しました。