倉敷民商を支える会、新役員を選出

倉敷民商を支える会は、定期総会を開催し新役員を選出しました。
会長には新たに末田正彦さん(倉敷市議会議員)、事務局長には山川元昭さん(前支える会
会長)。末田正彦さんは1958年生まれ、現在倉敷市議会議員3期目。土地家屋調査士。
末田さんのお父さんは、倉敷民商会長をされていました。

禰屋差戻審の裁判官

禰屋事件の差戻審の担当について。(名前だけですが)
第一刑事部 後藤有己裁判官、右陪席-倉成章裁判官 左陪席-青木勇人裁判官です。
もともとは第一刑事部に沖敦子裁判官がいるのですが、この事件のみ第二刑事部の倉成章
裁判官が入ります。  岡山地方裁判所 担当裁判官一覧→  

なお、担当検事についてのまだ情報はありません。公判の打合せについても連休明け以降
と思われます。

 

会員制情報誌に倉敷民商弾圧事件の記事

書店に並ばず、契約者のみに送付される「会員制情報誌」月刊テーミス(購読者層は主に企業経営者や、政治家、官僚らしい)
4月号に倉敷民商弾圧事件の記事が掲載されています。
購読は6ヶ月か1年の定期購読しかないようです。表紙のサブタイトルは「権威や権力と闘う…」とありますが、
まあ内容は、とてもそんな感じではない。

“国税の「脱税告発」に無罪が目立ってきた 
     国税査察官と検察官や裁判官がある目的で連携するとき冤罪が生まれるが”