最高裁が不当決定

最高裁判所に上告していたの小原・須増裁判(税理士法違反事件)ですが、上告棄却決定の通知が当事者のもとに届きました。
主文と理由の全文は下記のとおり。弁護団の叡智の結晶ともいえる上告趣意書、専門家による意見書、
そして様々な思いが詰まった122,000筆以上の要請署名を一顧だにしない決定です。
上告趣意書は度々補充され、6月22日にも補充書の提出を予定していました。
声明や当事者のコメントは、今後掲載する予定です。

主文 本件各上告を棄却する
理由 被告人両名の弁護人清水善朗ほかの上告趣意のうち、判例違反をいう点は、事案を異にする判例を引用するものであって、本件に適切でなく、その余は、憲法違反をいう点を含め、実質は単なる法令違反、事実誤認の主張であり、同弁護人前川雄司の上告趣意は、憲法違反をいうが、実質は単なる法令違反の主張であり、同弁護人坂勇一郎の上告趣意は、単なる法令違反の主張であり、同弁護人荒井新二の上告趣意のうち、判例違反をいう点は、事案を異にする判例を引用するものであって、本件に適切でなく、その余は、単なる法令違反の主張であり、同弁護人鶴見祐策の上告趣意は、憲法違反をいう点を含め、実質は単なる法令違反、事実誤認の主張であり、同弁護人石崎和彦の上告趣意は、憲法違反をいうが、実質は単なる法令違反の主張であり、被告人小原淳及び同須増和悦本人の上告趣意は、憲法違反をいう点を含め、実質は単なる法令違反の主張であって、いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない。
よって、同414条、386条1項3号により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。
平成30年5月29日最高裁判所第三小法廷