国税局職員の異動

倉敷民商への査察調査を指揮、禰屋裁判でも査察官報告書を作成し、証人として出廷した木嶋輝美氏は
2016年から島根県出雲税務署(法人統括)に在籍していましたが、7月の異動で広島国税局調査査
察部に返り咲いていたことがわかりました。
官職は「異動速報」によれば査管補佐と記載されております。
査管補佐がどの部署・地位を意味するのか明確ではありませんが、査察調査の方針及び計画の企画・立
案などをする部署、査察管理課の課長補佐ということかもしれません。
官職も含め、あくまで推測ですが小原・須増裁判の最高裁棄却決定もあり、禰屋裁判差戻審への対応と
して、呼び戻されたのかも。