日本母親大会で事件支援を訴え。署名2328筆が届けられる

少し前になりますが、8月25日から高知県で開催された日本母親大会(4300人参加)
で、禰屋町子さんが事件支援を訴えました。会場で署名が集まり、このほど東京の日本母親大会連絡会から送られてきました。

禰屋町子さんのコメントを紹介します。
私は母親大会で緊張しながら支援者の方々と壇上で訴えました。後日、日本母親大会連絡会より、署名が2328人分届きました。日本母親大会の皆さんありがとうございます。「強固に見える砂山を崩壊させるための、粘り強い長期にわたる一粒を落とし続ける行動」が必要と思います。強固な砂山をくずす一粒となるのが、皆さんの署名です。どうか一粒の砂になってください。

母親大会での禰屋さんの訴えの内容
私は5年前、岡山地検に法人税法違反(脱税)の共犯者として突然逮捕されました。無実の罪により428日間も勾留され、それに耐え、完全黙秘で闘い抜きました。私が頑張れたのは皆さんの励ましがあったからです。この事件は消費税反対運動に取り組んでいる民商に対する弾圧です。昨年の3月、岡山地裁で、不当判決を受けましたが、今年1月に、広島高裁は「岡山地裁の判決を破棄、岡山地裁に差し戻す」と画期的な判決を受けました。差戻後、検察は未だに今後の主張と立証計画を示すことができていません。この事件は、司法取引・共謀罪の先取りです。皆さん、無罪判決を勝ちとるまでご支援、署名をお願いします。