11・12裁判勝利をめざす決起集会にご協力を

弁護団と禰屋町子さんは、裁判で検察の主張(査察官が作成した「査察官報告書」をもとに、I建設の脱税を告発した。)を事実と証拠に基づいて全面的に反論しました。そして今年1月12日に広島高裁は、査察官報告書を採用して事実認定をしたことは、違法として、検察の立証、一審裁判所を断罪し、一審判決を破棄して審理を岡山地裁に差戻しました。
刑事事件で99・9%有罪判決の中で画期的といえる判決でした。
裁判とは、両方の主張に公平に耳を傾け、公正な判断をするものです。差戻し審で判決後9ヶ月が経過しましたが、弁護団の再三の要求にも公判は開かれていません。
私達は早急に公判を開かせ、事実を究明し無罪を勝ちとるために決起集会を開催することにしました。
是非、会員や組合員のみなさんに参加を呼びかけてください。また集会のための募金にもご協力ください。

国税局職員の異動2

倉敷民商弾圧事件において査察官報告書を作成した木嶋輝美が7月の異動で、広島国税局調査査察部
管理課の課長補佐になったことは、以前お知らせしたところですが、その詳細が職員名簿によってわか
りました。

木嶋氏の査察官報告書作成をサポートしていた青木利幸も同じ管理課に異動(審理官)しています。
また、事件当時に倉敷税務署で総務課長補佐だった土井亮徳も同じ部署(情報技術専門官)に異動し
ています。土井氏は事件当時、税務署交渉に訪れた私達を監視するような態度でしたし、また総務課長
を実質的にコントロールしているような印象でした。偶然かもしれませんが、職員名簿にこの三名が並
んでいるところを見ると嫌な記憶が蘇ります。

*調査査察部査察管理課:悪質な脱税者に対して刑事責任を追及する為の調査の企画・立案等をする部署