日本母親大会で事件支援を訴え。署名2328筆が届けられる

少し前になりますが、8月25日から高知県で開催された日本母親大会(4300人参加)
で、禰屋町子さんが事件支援を訴えました。会場で署名が集まり、このほど東京の日本母親大会連絡会から送られてきました。

禰屋町子さんのコメントを紹介します。
私は母親大会で緊張しながら支援者の方々と壇上で訴えました。後日、日本母親大会連絡会より、署名が2328人分届きました。日本母親大会の皆さんありがとうございます。「強固に見える砂山を崩壊させるための、粘り強い長期にわたる一粒を落とし続ける行動」が必要と思います。強固な砂山をくずす一粒となるのが、皆さんの署名です。どうか一粒の砂になってください。

母親大会での禰屋さんの訴えの内容
私は5年前、岡山地検に法人税法違反(脱税)の共犯者として突然逮捕されました。無実の罪により428日間も勾留され、それに耐え、完全黙秘で闘い抜きました。私が頑張れたのは皆さんの励ましがあったからです。この事件は消費税反対運動に取り組んでいる民商に対する弾圧です。昨年の3月、岡山地裁で、不当判決を受けましたが、今年1月に、広島高裁は「岡山地裁の判決を破棄、岡山地裁に差し戻す」と画期的な判決を受けました。差戻後、検察は未だに今後の主張と立証計画を示すことができていません。この事件は、司法取引・共謀罪の先取りです。皆さん、無罪判決を勝ちとるまでご支援、署名をお願いします。

 

国税局職員の異動

倉敷民商への査察調査を指揮、禰屋裁判でも査察官報告書を作成し、証人として出廷した木嶋輝美氏は
2016年から島根県出雲税務署(法人統括)に在籍していましたが、7月の異動で広島国税局調査査
察部に返り咲いていたことがわかりました。
官職は「異動速報」によれば査管補佐と記載されております。
査管補佐がどの部署・地位を意味するのか明確ではありませんが、査察調査の方針及び計画の企画・立
案などをする部署、査察管理課の課長補佐ということかもしれません。
官職も含め、あくまで推測ですが小原・須増裁判の最高裁棄却決定もあり、禰屋裁判差戻審への対応と
して、呼び戻されたのかも。

岡山地裁に要請に行ってきました

6月19日、岡山地裁に要請署名を提出し、検察の公訴棄却を要請しました。
参加者は、禰屋さん、小原さん、須増さん、救援会岡山県本部・竹原さんと
山崎さん、岡山県商連・福木さんと山田さん。
今回、提出した署名は1253筆で累計で24,948筆になりました。

地裁要請&地検要請

6月5日、岡山地方裁判所へ要請署名を行いました。今回は、個人署名5,732筆(累計22695)
提出。13人が参加しました。要請では、救援会県本部の竹原事務局長が、当事者達の要請書や署名の取り
扱いについて質問。裁判所側は、「署名数と要請書について裁判長に報告して閲覧できるようにしている」
と説明するのみで、裁判長の手許に渡すとは、最後まで明言を避けました。
「請願法に基づいて誠実に対応するということは、裁判長が読むかどうかは別にして、要請先を裁判長の名
前にしているのだから、裁判長の手許に持って行くこと」を強く申し入れました。

続いての岡山地方検察庁への要請では、禰屋さん・福木岡商連事務局長と竹原救援会岡山県本部事務局長が
公訴取下団体署名1、254筆を提出。岡山地検は、団体署名を検事正に手渡すと明言しました。

検察は起訴を取り下げよ!団体署名のお願い

広島高裁岡山支部は、倉敷民商弾圧事件・禰屋裁判で、1審の有罪判決を破棄し、審理を岡
山地裁に差し戻す判決を言い渡しました。これをうけて、岡山地裁で審理にむけた裁判所、
検察官、弁護団三者による三者協議が行われています。

三者協議で、検察は当然のことながら、差戻し審で脱税に関し、どのように主張を整理し立
証を予定するのか、裁判所及び弁護団に示すことが求められていました。ところが検察は差
戻し審の審理について、何の準備もできずにいます。
1月12日の高裁判決以来、検察は4ヵ月間何をしていたのでしょうか。この検察の態度は、
いかに起訴そのものがいい加減なものであったかをあらわすものです。

倉敷民商弾圧事件の勝利をめざす全国連絡会は、検察に対して起訴(公訴)そのものを取り
さげるよう求める緊急団体署名にとりくみます。どうかご協力よろしくお願いします。
起訴取下要請団体署名はこちらから→禰屋事件検察取下要請

団体署名です。住所や団体印や代表者印がなくて、団体名のみでも可です。
緊急団体署名の送付先:FAX086-256-2589(国民救援会岡山県本部)

2回目の地裁要請

5月14日、岡山地方裁判所に要請を行いました。
今回は、全国からの個人署名2,130筆、 団体署名を提出しました。
(累計で個人署名13,713筆)
要請では、当事者3名がそれぞれの要請書を読み上げて提出。
対応した裁判所総務課は、署名数については裁判長に報告していると説明
をしましたが、要請書の 取り扱いは、「請願法に基づいて誠実にする」と
言うだけで、裁判長のもとに届けているかどうか は「内規で言えない」と
繰り返すのみでした。高裁とは違う 、少々不誠実な対応です。

地裁要請を再開!

この日は岡山市で民商の事務局長会議でした。 県内の各民商事務局長さん達が会議終了後、参加してくれました。

5月2日、支える会と救援会岡山県本部は、岡山地方裁判所を訪れ禰屋裁判差戻審について 要請を行いました。3人の当事者や岡商連、救援会岡山県本部の要請文を手渡しました。
また全国から集まった個人署名11,583筆を地裁職員に提出しました。
その後、雨の中、短時間ですが地裁前で宣伝を行いました。
要請行動は、公判開始まで月2回のペースで行う予定です。

禰屋差戻審の裁判官

禰屋事件の差戻審の担当について。(名前だけですが)
第一刑事部 後藤有己裁判官、右陪席-倉成章裁判官 左陪席-青木勇人裁判官です。
もともとは第一刑事部に沖敦子裁判官がいるのですが、この事件のみ第二刑事部の倉成章
裁判官が入ります。  岡山地方裁判所 担当裁判官一覧→  

なお、担当検事についてのまだ情報はありません。公判の打合せについても連休明け以降
と思われます。

 

会員制情報誌に倉敷民商弾圧事件の記事

書店に並ばず、契約者のみに送付される「会員制情報誌」月刊テーミス(購読者層は主に企業経営者や、政治家、官僚らしい)
4月号に倉敷民商弾圧事件の記事が掲載されています。
購読は6ヶ月か1年の定期購読しかないようです。表紙のサブタイトルは「権威や権力と闘う…」とありますが、
まあ内容は、とてもそんな感じではない。

“国税の「脱税告発」に無罪が目立ってきた 
     国税査察官と検察官や裁判官がある目的で連携するとき冤罪が生まれるが”