禰屋控訴審初公判-弁護側意見書を証拠採用 裁判の流れ変わる可能性も

倉敷民商弾圧事件 禰屋控訴審初公判
弁護側意見書を証拠採用 裁判の流れ変わる可能性も(広島高裁岡山支部)


岡山・倉敷民商弾圧事件で法人税法違反(脱税ほう助)と税理士法違反に問われている同民商事務局員・禰屋町子さんの控訴審初公判が10月27日、広島高裁岡山支部で開かれました。
長井秀典裁判長は、『国税査察官報告書』を鑑定書扱いした一審判決に疑問を投げかける「意見書」を証拠採用
しました。裁判の流れが大きく変わる可能性も指摘されています。。倉敷民商弾圧事件の勝利をめざず全国連絡会」(全国連絡会)は禰屋さんの無罪を求める新しい署名とはがきを一気に広げよう、と呼び掛けています。
裁判所が証拠採用したのは、立命館大学大学院法務研究科の浅田和茂教授が刑事法学の観点から検討した「意見書」。
岡山地裁判決が「鑑定書」として扱った国税査察官報告書について「必ずしも特別の専門的知識を用いたものとはいえない」とした上で。「査察官は訴追者そのものであって第三者としても鑑定人とはいえない」と指摘。さらに
「たとえ書面の内容が鑑定にあたり査察官が第三者に当たるとしても、他の査察官の報告書の利用は再伝聞であって、そのままでは証拠能力を有しない」と断定しています。
弁護側は公判で鑑定書は公平性に欠き、内容的にも信用性がないと厳しく批判。脱税正犯のI建設には「所得隠しの意図ははなく」法人税法違反は成立しないこと、禰屋さんは「ほう助の故意の判断基準に照らしても故意は認められない」とし、原判決は破棄されるべきと主張しました。(全国商工新聞2017年11月13日号より)

今年最後の最高裁要請行動

今年最後の最高裁要請行動(東京)
東京都商工団体連合会をはじめ国民救援会本部、全国商工団体連合会のみなさん、岡山からは、当事者の小原事務局長、県連の福木事務局長、国民救援会岡山県本部の小山さんが参加。

全国の支援の輪が東京でも。最高裁にも多くの皆さんの署名、要請手紙を届けました。

民商側の意見書が証拠採用に、全国支援の力で司法を動かす

倉敷民商の禰屋町子さんの控訴審公判が10月27日、広島高裁岡山支部で行われ、
各地の民商や国民救援会などでつくる支援の会から15都府県の約150人が参加し、
法廷に入りきれない人たちが裁判所前で無罪を訴えまし裁判後の報告集会で
清水善朗弁護団長
「第1審で唯一の証拠とされた広島国税局の木嶋査察官の鑑定書が公平、公正さを欠いていることを訴え、
検察の不同意があったが、裁判官の判断でこちらが提出した立命館大学の浅田和茂教授の意見書が採用された。

控訴審ではめずらしく2暗闇半にわたる弁護団の意見陳述が認められ、禰屋さん自身も迫力ある意見を陳述した。
来年1月12日に判決が下される」と述べました。
則武透弁護士は、「法廷ではパワーポイントも使い、木嶋査察官の鑑定書の、

5つの問題点
①鑑定人の公平さを欠き、
②木嶋氏は税法の専門家と言えず
③鑑定項目に沿った鑑定書の体裁すら備えていない
④1審の江見裁判長も3ヵ所の間違いを見つけるなど内容的にも信用性に欠き
⑤他の査察官の又聞き(再伝聞)が含まれている)
を述べた。


浅田教授の取調べ(供述)はかなわなかったが、意見書が証拠として認められた。
3年間たたかってきて初めて光がさした思いだ」と述べました。

谷和子弁護士は、裁判の元になったⅠ建設の帳簿を税理士の協力も得て調べて脱税の事実が認められなかったこと、
千田卓司弁護士は禰屋氏が年3回ほど会計処理をしただけで、所得をごまかしたり隠したり、利益を得た事実がない
ことを陳述したことを報告しました。

山崎博幸弁護士は「裁判を傍聴した人は無罪を確信したと思う。
40年弁護士やってきてこんなに充実した弁論は初めて。
1審判決を絶対に後世に残してはいけないという強い思いでやってきた。
5000通の要請はがきが力になった。
緩めず支援強化を」と訴えました。