全国連絡会第4回総会は、200名の参加で成功

2019年4月25日、倉敷民商弾圧事件の勝利をめざす全国連絡会第4回総会が、岡山県岡山市で開催されました。第3回までは、東京で開催されていました。北は北海道から南は鹿児島より200名が参加しました。太田義郎代表世話人(全商連会長)の開会挨拶の後、ジャーナリストの斉藤貴男さんが「事件から見える弾圧の実相と提言」と題し、記念講演を行いました。斉藤貴男さんは、平時における弾圧の手口・役人達の責任「観」など、事件から見える弾圧の実相を自分の体験をもとに解説されました。
議案提案では全国すべての県に支援組織を早急に立ち上げること、秋に大集会を開催することが提案されました。また弁護団報告、各地からの活動報告・提言、当事者からの決意表明がありました。